早口言葉/備中の道中の府中で 焼酎飲んで 口中が痛んで夢中になった

長い・長文の早口言葉
スポンサーリンク

音声動画

【早口言葉】備中の道中の府中で 焼酎飲んで 口中が痛んで夢中になった

本文

備中の道中の府中で 焼酎飲んで 口中が痛んで夢中になった

読み方

びっちゅうのどうちゅうのふちゅうで しょうちゅうのんで こうちゅうがいたんでむちゅうになった

区切りを入れると発音しやすくなる部分

びっちゅうの / どうちゅうの / ふちゅうで / しょうちゅう / のんで / こうちゅうが / いたんで / むちゅうに / なった

関連・類似した早口言葉

●備後(びんご)の貧乏なお坊さん、豊後(ぶんご)へ行って豊後の屏風(びょうぶ)に備後の貧乏なお坊さんの絵を書いた。

●備中(びちゅう)の家中(かちゅう)が道中の府中で夜中(やちゅう)に焼酎飲んで口中(こうちゅう)が痛んで夢中になった。