早口言葉/飯島石七郎の言い分に偽りがある

有名・定番の早口言葉
スポンサーリンク

音声動画

【早口言葉】飯島石七郎の言い分に偽りがある

本文

飯島石七郎の言い分に偽りがある

読み方

いいじまいししちろうのいいぶんにいつわりがある

区切りを入れると発音しやすくなる部分

いいじま / いし / しちろうの / いいぶんに / いつわりが / ある

読み方のコツ・ポイント

こちらの早口言葉の読み方のポイントとなるのは「石七郎」です。

ここの読みさえクリアしてしまえばあとは比較的簡単です。

「いし・しち・ろう」の「い・し・ち」はどれも発音の口の形が同じで、発声の仕方が非常が似てるため発音しにくい語が並んでいます。

また、「いし」が後ろの「しち」と混乱し、「いち・しちろう」と読み間違えやすいのも注意が必要です。

読み切るためのポイントは「石(いし)」に意識のポイントを置いて読むことです。

「いししちろう」がダラーッと読み崩れないように注意しましょう。